家族葬を船橋市で行うためのポイント

家族葬 船橋市

身近で亡くなった人との別れを行う場としての葬儀は、可能な限り盛大に行うのがこれまでの伝統で、町内会や会社関係など多数を巻き込むのが一般的なスタイルになっていました。しかし最近では盛大を誇るよりも家族を中心に小規模に行う家族葬スタイルの葬儀も増えてきています。船橋市内で行われる葬儀にもこのような傾向があり、関東地方では全般的な広がりを見せています。ただし葬儀のスタイルとしてはまだ新しいため、特に年配者にとってはあらかじめ趣旨を理解してもらうなどの対応が求められるのも事実です。そこで実際に家族葬を船橋市内で執り行うにあたってはいくつかのポイントを押さえることが大切で、ノウハウを持っている葬儀社のスタッフには積極的に確認しながら準備を進めます。

葬儀社が対応可能かどうかを見極める

葬儀をするに当たっては船橋市内に拠点を構える葬儀社に相談の上で依頼をすることになりますが、その際には声を掛けた葬儀社が家族葬に対応していることをまず確認する必要があります。市内で一般に珍しくないとは言え、特定の葬儀社が十分な経験とノウハウを持ち合わせているかどうかは別問題です。対応可能な葬儀社では、あらかじめ小規模な葬儀専用のいくつかのプランを企画してパンフレットやホームページに掲載しているはずですので、公開されている資料の中からもある程度の判別が可能です。詳しくはやはりスタッフに見積もりを依頼する流れの中で説明を聞くことが望ましく、プランがあっても費用が従来と変わらないのでは意味がありません。通常は祭壇などの内容と予算が異なる複数のプランが提示されます。

当日の参列者はあらかじめ厳選する

船橋市内で家族葬を行うにあたっての最大のポイントは当日の参列者にあります。従来の葬儀では参列者の人数を多くして盛大に見せることを重視し、関係が薄い会社の上役や取引先などの見ず知らずに近い人までが参列する場合も少なくはありませんでした。これでは心から亡くなった人を悼む雰囲気にはなりにくいことから、小規模な葬儀に徹する場合には最初から参列の呼びかけ自体を厳選しておく必要があります。意識の高い人の場合には、すでに互助会などを通じて葬儀社のスタッフと生前から相談や話し合いを重ね、亡くなった時に葬儀に参列してもらう人のリストを整備しています。リストがない場合は、家族や親戚の中で相談の上で、他の親戚や亡くなった人の古くからの友人などの適切な人をピックアップして連絡することが必要です。