船橋市で家族葬を行うための手順

家族葬 船橋市

近年、船橋市でも増えてきた親族や親しい知人友人だけで行う家族葬ですが、葬儀を行う際の手順は一般葬と大きな違いがあるわけではありません。まず、死亡診断書を受け取りご遺体の安置場所を決めて葬儀社と打合せをします。お通夜、告別式、火葬・拾骨、法要も一般葬と同じように行います。一般葬との違いは参列者の人数が少ない小規模なお葬式というだけです。ただし、親族や親しい知人友人だけで行う葬儀だからこそ、注意しなければいけないことがあります。その注意を怠ると葬儀の進行が滞るばかりか周囲とのトラブルにも発展しかねません。葬儀は故人との最後のお別れの場になります。故人に安心して旅立ってもらうためにも、トラブルにならないようにポイントを押さえておくことが大切です。

船橋市で家族葬を行う時に事前に注意しておきたいポイント

親族や親しい友人といっても、誰までを含めてそう呼ぶのかは人それぞれの感覚でしかありません。誰に参列してもらうかを決めることは重要なポイントです。人数が決まらなければ葬儀のプランも決められません。予算も考慮して参加人数を決めてどこまで知らせるかをしっかりと話し合うことが大切です。また、高齢の親族の方の中には、葬儀には勤務先の方やご近所の方に参列してもらうのが当然だと考えている人もいるでしょう。小規模のお葬式では世間体が悪いと感じる方もいます。お葬式の規模で諍いが起こらないように、なぜ参列者を絞るのかをしっかりと説明して納得してもらった上でお葬式を行うことが大切です。当事者同士で解決できない時は葬儀社など第三者の方に間に入ってもらって口添えしてもらうのも良いでしょう。

船橋市で家族葬を行うときの周知の手順

家族葬では参列者以外の方への配慮を忘れずに訃報を知らせるとこも重要なポイントです。家族だけで執り行う旨を曖昧にしたまま訃報を知らせると、お葬式の当日になって予期しない方が訪れる場合があります。その場合、追い返すわけにもいきません。家族だけのお葬式であること、香典や供花はお断りすることを文書にて正確に伝えることが大切です。お葬式を終えた後は訃報を知らせなかった方に対しても家族だけでお葬式を執り行ったことを報告することを忘れてはなりません。年末の喪中はがきでのお知らせでも構いませんが、できれば別の方法で報告したほうが良いでしょう。また、知らせを受けて自宅に弔問に訪れる方もいらっしゃいます。その時になって慌てないように座布団の用意や返礼品を準備しておくことも大切です。